日々の診療

しこりを見つけたら

こんにちは!あらた動物病院、院長の小林新です。
私の得意分野である腫瘍のお話をしたいと思います。
今回はご相談の多い「しこり」についてです。

愛犬、愛猫と触れ合っていて、皮膚の膨らみやできものに気づかれる方が多いと思います。

考えられる原因としては、炎症・皮膚病・腫瘍などが挙げられます。

そのしこりの正体は、なかなか見た目や大きさ、硬さだけではわかりません。
表面が赤くて炎症っぽいけど、実は腫瘍だったり、脂肪っぽいけど、脂肪ではなく腫瘍であることも実際あります。
これらを区別する検査としておすすめなのが、ニードルバイオプシーです。
針で細胞をとってきて、薄くのばし、顕微鏡を使って細胞の種類、大きさ、形から診断をすすめます。

院長作 ニードルバイオプシー

ほとんどの場合、麻酔が必要なく、体への負担が少ない検査です。
皮膚にできる悪性腫瘍は小さい間に見つけられれば、完治させられることも多いです。
逆に大きくなってしまうと、治療に大きな負担がかかったり、治療が困難になってしまうこともあります。
早期診断・早期治療がポイントですので、しこりを見つけた際にはお気軽にご相談ください。

あらた動物病院 院長 小林 新

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。