症例報告

症例報告:口鼻瘻管

こんにちは。横浜市旭区善部町のあらた動物病院、院長の小林 新です。

今日は口鼻瘻管(こうびろうかん)についてお話したいと思います。
症例は慢性的に鼻水がでていた、11歳のトイプードルさんです。
来院時、右側の鼻水が特にひどく、鼻が詰まっているときは呼吸も苦しそうとのことでした。
食事をしていても、途中で鼻が詰まってしまい食べるのをやめてしまうようでした。
その影響で体重も落ちてしまっていました。

慢性鼻炎の原因として、歯周病細菌性鼻炎鼻腔内異物鼻腔内腫瘍などを考えました。
一ヵ月ほど前に他院にて歯科処置は行っていたそうですが、肉眼所見や経過から歯周病からくる口鼻瘻管の可能性が高いと考え、飼い主様と相談し、当院にて再度歯科処置を実施しました。

口鼻瘻管とは、上顎の歯周病が進行し、歯の根元と鼻の間の骨が溶けてしまい出来てしまった瘻管のことを言います。この瘻管から口の細菌が鼻に入ってしまい、慢性鼻炎の原因となります。特に犬歯の根元は鼻と近いため発生しやすいと言われています。

犬の上顎の模型を正面から撮影した写真です。青枠で示しているのが犬歯の根元になります。ここで歯周病が起きると赤枠の骨が溶けてしまい口と鼻とがつながってしまいます。
歯の根元に歯石がついて、歯茎が痩せてきています。歯周ポケットも深く歯周病であると判断しました。
抜歯後の写真です。犬歯を抜歯した穴から生理食塩水を入れてみたところ鼻から抜けてきました。このことから、鼻と口とがつながっている(口鼻瘻管である)ことがわかりました。
抜歯したままではこの穴は塞がりきりませんので、右の図のように粘膜を切開し、はがしてきました。
十分はがせたことを確認し、縫合し、抜歯でできた穴を塞ぎました。
右が術後2週間目の写真です。鼻水が出なくなり鼻の周りがきれいになりました。

術後から鼻水とくしゃみはなくなり、ご飯もガツガツ食べてくれるようになり体重も増えました。鼻の周りも汚れなくなりきれいになって良かったです。

歯周病がこのように慢性的な鼻水の原因になることもあります。慢性的なくしゃみや鼻水でお困りの際は一度相談していただければと思います。

関連記事